2009年09月30日

蘭の花あふれるお店

IMG_0587.jpgRelaxation Space蘭(リラクゼーションスペース蘭)は店名に“蘭”の名前がついているだけあって(?)蘭のお花がいたるところに飾られていますぴかぴか(新しい)

各部屋にお花がそれぞれおいてあります。白やピンクなど蘭の花の定番色ですよね。私はピンクがキレイだと思いますが、皆さんは何色が好きですか??

お部屋だけでなくこんな所にも蘭が・・・・・。
IMG_0588.jpg
そう、ティッシュケース。ちょっと素敵だと思いませんか
exclamation&question
普段のティッシュがちょっと高級そうに見えますよね。




posted by ran at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月27日

窓を開ければ・・・

IMG_0586.jpg28階からのステキな景色が広がります。さまざまな形のビルが建ち並び、遠くには橋も見えます。陽の沈む頃からの夜景も、とてもロマンチックですよ揺れるハート
そして視線を遠くから真下に移すと・・・


たくさんの電車が右に左に忙しそうに走ってるんです!
手前から新幹線、東海道や山手線、奥には赤い京急線がゆるやかなカーブを描いています。それらが行き交うのを見ていると、まるで鉄道模型のジオラマを見ているみたいで、鉄道ファンじゃなくてもきっと面白いと思いますよ!


posted by ran at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月25日

和みのランプ

? 015.jpgポッと灯るランプの光は、視覚から心を和ませてくれますよね。
サロンでは施術するときには、ランプの温かな灯りをともします。

ボディマッサージをすると、血液循環がよくなって身体があたたまります。お越しになったお客様の中にはついつい眠ってしまう方も・・・。ランプの温かな灯りも一役かっている(?)のでしょうか??

これからマッサージはもちろん、私たちスタッフはお客様がリラックスして戴けるような店づくりを頑張っていきたい・・と思います。



posted by ran at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月24日

おすすめアフターティー

IMG_0554.jpgRelaxation Space蘭では、アフターテイをドリンクメニューの中からお好きなものをお選び頂きお出ししています。
今日はその中の1つ JASON WINTERS TEA (ジェイソンウィンターズティー)をご紹介します。

レッドクローバー、インディアンセージ、スペシャルスパイスの3つのハーブとウーロン茶から作られている、完全無農薬のハーブを使った身体にやさしいお茶です。

お越し頂いた際にはぜひお試し下さい。
posted by ran at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月19日

嗅覚からもリラックス

IMG_0515.jpgリラクゼーションスペース蘭では、各お部屋にアロマウォーマーを置いています。

ウォーマーに入れる精油によって気分が変わるので、香りってすごいなぁと日々感じます。

お好きな香りがあればスタッフまでお気軽にお申し付け下さい。

お客様にとってゆったりと楽しい時間を過ごしていただけるように、香りの空間作りも実践しています。
posted by ran at 13:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月18日

手帳に収まる♪

Relaxation Space 蘭では、ミニミニサイズのパンフレットもご用意しています。手帳やお財布に邪魔にならないサイズです。
「体がちょっと重たい感じ・・・」と思ったら、サッと取り出して見ることができますよ。
IMG_0513.jpg
しかも、このパンフレットと総額1万円分の優待券がセットになっています。優待券はお店に来た日から使えますので、お気軽にスタッフまでお問い合わせくださいね。



posted by ran at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月16日

柔らかなタッチ

IMG_0508-1.JPG隠れ家的なお店の玄関を入ると、手書きの看板がそっと飾られています。

オーナーのお知り合いの方がデッサンしてくださったものを元に作っていただきました。
柔らかなタッチの蘭のお花が淡いピンクで描かれています。
色あいが“ぽっ”と灯火がともるようで、サロンのイメージにピッタリ。私は気に入っています。

普段の喧騒を忘れて、“ほっ”と一息つきたいときに立ち寄れるサロンでありたいと思います。
どうぞ、一度お越しください。


posted by ran at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記